« 「SOMEWHERE」を観る | Main | スースーする »

「猫の客」を読む

心に潤いを保ちたいなら、部屋に緑を。

ということで、バジルの種をもらったので、
育てております。

Basil_sprout

大きくなーれ!

「マルモ」のともきくんみたいに、呪文を唱えるか。
う~・・・マンボ!

そうして水をやりやり、のんびり読んだこの一冊。

平出 隆著 「猫の客」です。

もちろん、猫好きの人は深い感慨を持って読むのだろうなと思います。

でも、そうじゃなくても、
「地に足のついた言葉のきらめき」のような表現があって、
文章そのものを楽しませてもらえる作品です。

あとで著者のプロフィールを調べたら、なんと地元出身の人でした。
そして、「詩人」とな。

どういう生き方なんだろう、「詩人」。
どういうお仕事なんだろう。

お話の中心には、タイトル通り猫ちゃんがいますが、
それはお隣さんが飼っている猫。
付かず離れず、愛情を育てながら付き合っていく様は、
ほほえましいものでした。

それでもやはり、相手は命のある生き物。

いつかは別れが来るものではありますが、
生きているものに対するコミットメントは、
愛おしくも儚く、むなしいものであることを感じさせられました。

作中に「小さなその滴のようなその一日」という表現があるのですが、
読み終わった後、その影響か、きれいな水滴を見ていたような
感覚を持った一冊でした。

そうだ。
猫ちゃんの一生の中で重要な日が、3月11日だったというくだりがあり、
もちろん偶然でしかないわけですが、なんとなく、ずしーん、と来ました。

この日に、たくさんの命が失われたことを忘れてはならないなと
また改めて感じたのでした。

話は逸れましたが、読書が好きな人にはぜひお勧め。
文庫も出ているようですね。

それと、これも面白かったなぁ。

いろんな作家さんの玉子(料理)に関する作品を編んだアンソロジー。
一作ずつが短くて、個性も豊かなので、
とぎれとぎれに読んでも楽しめます。

|

« 「SOMEWHERE」を観る | Main | スースーする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「猫の客」を読む:

« 「SOMEWHERE」を観る | Main | スースーする »