« 「キュレーターになる!」を読む | Main | ジーヴスとフラニー »

節分と休日の詰め将棋

「一人季節を愛でる会」会員として、2日前ですが、
節分を祝いました。

Setsubun_2010

いつのまにか全国区になった恵方巻きと
年々食べ応えが増していく年の数の豆。

地元チェーンのうどん屋さんの恵方巻きがおいしいんです。
かんぴょうと卵焼きが甘くて、シソが入ってるの。

シソとゆずは、とりあえず入ってるとおいしくなる
最強の食材だと思うのですが、いかがでしょうか。

さて、完全オフの休日は、チューハイ DE 詰め将棋。

Tsumeshougi_with_alcohol

詰め将棋は、いわゆる一人でやる将棋版ドリルです。

問題に出された駒の配置と持ち駒から、
決められた手数で王手する(詰む)こと。

将棋が強くなりたい人が勉強のためにやることもあれば、
パズルのように遊びとして楽しんでやる場合もあると思います。(私のように)

今は入門者用の本に載っている簡単な問題を解いています。
羽生さんだったら2~3秒で「ああ、これは・・・」と分かるんだろうな。

私の場合は、頭の中が沸騰しそうなくらいに猛回転します。
すごーく時間がかかる・・・でも今はそれが楽しいです。

なんでも、初心者の頃が一番楽しかったりしますよね。
成長の度合も(自分比で)大きいし、
全体が見えてないから、図々しくやれる。
(あとから思い返すと、恥ずかしくなるようなことを平気でやってたり。)

それから、何かを意識し始めると、これまで目に入らなかったものが、
いきなり大文字で見えてくるものがあります。

昨年は、ロシアつながりで読書をしていたので、
ロシアとかドストエフスキーとかが、パッと目に飛び込んできてました。

きっとそういう情報はあちこちに散乱しているんでしょうけど、
人間の目は、それを無意識に取捨選択してるんですね。
新しいことを始めると、ピックアップする情報が変化し、増えて行きます。

今日はコレ↓に反応。

Habus_tsumeshougi


もう少し上達したら、読んでみよう。

Amazonでチェックしてみたら・・・羽生さんのこの写真、
これじゃなきゃいけなかったんだろうか?

やっぱり、対局は大変なんですねぇ・・・この表情。

|

« 「キュレーターになる!」を読む | Main | ジーヴスとフラニー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 節分と休日の詰め将棋:

« 「キュレーターになる!」を読む | Main | ジーヴスとフラニー »